清里のドアノー展
お暑い中、皆様いかがお過ごしでしょうか。
さくらでございます。

先日、木漏れ日の爽やかな清里フォトアートミュージアムの
ロベール・ドアノー展へ行って参りました。
代表的な作品から未発表のものまで164点、
とても見応えのある展示でした。


今回は30点の代表作のほかに、彼が子供たちのために作った写真絵本のヴィンテージ・プリントや、アルプスの写真などがありました。
これはフランス国外で展示されるのは、日本が初めてとのこと。

また、ドアノーは毎年家族の写真を撮って、クリスマスカードを作っていたのだそう。あたたかな愛に満ちたプライベートフォトに、ほっこりとした気持ちになりました。こちらの「ドアノー家のクリスマスカード」も日本初公開だそうです。


 
 
ドアノーが子供たちのために作った写真絵本、とても素敵でした。
たとえばこれは 「 8 」 のページ。


風船が8個。子猫が2匹。ウサギが4羽。
ドアノーが愛娘たちをモデルに撮ったこの絵本
『 1、2、3、4、5 遊びながら数えよう 』 は
彼らしい、遊び心がいっぱいの作品で印象的でした。

遊び心がいっぱいと言えば、
ピカソの、この有名な写真もありましたよ。笑


都会の喧噪を離れて、涼しい高原の緑の中へ
ドアノー展、ぜひ遊びに行ってみてくださいね。
 
さくら 拝
 
 
 
清里フォトアートミュージアム
「ロベール・ドアノーの写真 パリ・アルプス・幸せな時間」
会期:2014年7月5日(土)〜9月29日(月)

※ このページの写真の掲載に当たっては、
  株式会社コンタクト様のご協力を頂きました。
  無断転載のなきよう宜しくお願い申し上げます。
 

2014年 8月 18日


Facebook




このサイトにおける全ての文章、及び写真等の著作権は銀遊堂に帰属します。
copyright(c)2009 GINYUDO all rights reserved.
designed by Tamami
Phi Lein