処方集
仕事の中で「処方集」の占める位置が大きくなっている。

印画紙の種類が減って行く中で、一種類の印画紙から色々なトーンを
引き出すことがますます重要になってきた。
会社勤めのときはメーカー支給の標準現像液で
ほとんどの処理をしてきたが、
今考えてみるとカラーじゃあるまいし、それで良い訳が無い。

古い処方集には今の処方集には無い処方が載っていて、
それらの中には現状にそぐわないものもあるが、
忘れられた個性的な処方も含まれているので捨てがたい。



2014年 10月 21日


Facebook




このサイトにおける全ての文章、及び写真等の著作権は銀遊堂に帰属します。
copyright(c)2009 GINYUDO all rights reserved.
designed by Tamami
Phi Lein