正方形の日記、ローライ
6x6フォーマットのことを書くのに、
まずローライから始めるのがセオリーというものだろう。
6x6二眼レフカメラは、ローライとともに始まる。

そして、私にとってローライといえばドアノーだ。
彼は、初期型ローライから始まり、
生涯にわたってローライを使い続けたという。
決して簡単とは言えないローライでの撮影を、完全に手中に収めている。
6x6の画面を自在に操るその写真術。
6x6フォーマットの写真は、
ドアノーが一人で始めてひとりで完成させてしまった、と言っていいだろう。

私も3.5Fを一台持っている。
良いカメラは写真がうまくなった気にさせてくれる。



2015年 5月 17日


Facebook




このサイトにおける全ての文章、及び写真等の著作権は銀遊堂に帰属します。
copyright(c)2009 GINYUDO all rights reserved.
designed by Tamami
Phi Lein