エッグセパレータの挫折
鶏卵紙をやる時に最初にやることは、
割卵して白身と黄身を分離することだ。

器用な人は殻を左右に持ち分けて、
黄身を往復させながら分離する事ができる。
私はそんな器用ではないので、エッグセパレータを使っている。
今まで何事も無く使ってきたのだが、今日ちょっとした事件が起きた。

黄身が、セパレータ左右の細い溝からするりと抜け落ちてしまったのだ。
通常、黄身が真ん中に残り、白身だけ下に落ちるようになっているのだが、
今日割った40個のうち、一個だけ全卵が下へ抜け落ちてしまった。
何度やり直しても結果は同じ。

黄身の弾力がないのが一番の原因だろう。
安い卵だから仕方あるまい。
規格外の小さな卵だったのかもしれない。
黄身が小さいと、細い溝からすり抜けてしまうのは考えられる。

エッグセパレータにとっては、残念な一日だったろう。



2015年 5月 23日


Facebook




このサイトにおける全ての文章、及び写真等の著作権は銀遊堂に帰属します。
copyright(c)2009 GINYUDO all rights reserved.
designed by Tamami
Phi Lein