「一枚の写真を飾る部屋」展
先日「一枚の写真を飾る部屋」展に行ってきた。
最初にこの写真展を企画した森岡書店のある銀座の鈴木ビルを下見。
このビルには、かつて名取洋之助の日本工房が入居していた。
そして写真展会場はそこからほど近い奥野ビルの306号室。
そこは老いてなお美しい小柄な佳人といった風情。

静かな部屋で写真を見ていると、名取洋之助たちはこういう暑い部屋で
あんな熱い仕事をしていたのだろうかと(鈴木ビルは見学ができないので)、
妙なリアリティーを持って日本工房が浮かび上がってくるのを感じた。
しかしもう一度写真を見返していると、
この国策には何の役にも立ちそうもない作品たちの存在理由が、
そしてその作品たちをこの部屋に展示する意味が、
勘の鈍い私にもやっとわかってくるのだった。

会場には大西さんがいらしたけれど、静かな空気を乱したくなかったので
ご挨拶もせず失礼してしまったのが唯一心残り。

それにしてもいい企画の写真展でした。




2016年 7月 16日


Facebook




このサイトにおける全ての文章、及び写真等の著作権は銀遊堂に帰属します。
copyright(c)2009 GINYUDO all rights reserved.
designed by Tamami
Phi Lein