屋根裏部屋の一夜
急な用事があって、長野に行ってきた。


日帰りの予定が、ちょっとしたアクシデントで一泊に変更。
親戚の農家納屋の屋根裏部屋をお借りして、ちょっとワイルドな一夜を過ごした。
慣れないお酒をたっぷりと飲まされて、フラフラでたどり着いた布団(のようなもの)に、後からゴソゴソと潜り込んでくるものが...
むむ夜這いか、と思いきや、正体はトラ(ねこの名前)だった。
朝までゴロゴロ、カミカミの甘い時を過ごしたのでありました。

山の夜は静かだ。
風の音、ツツドリの声。
決して無音ではないのに、とても静かに感じる。
そして山の夜はとても暗い。
昔ほどの星の瞬きはなくなったが、
それでも自分の指先が見えないくらいに暗い。

こういう静寂と闇はおそらく
想像力の大切な源泉なのだ、と痛切に思う。

そして明け方の鳥の大合唱。
静寂と饒舌、闇と光。
この見事なコントラストを全身で感じる事が、山の魅力だ。

2009年 5月 21日


Facebook




このサイトにおける全ての文章、及び写真等の著作権は銀遊堂に帰属します。
copyright(c)2009 GINYUDO all rights reserved.
designed by Tamami
Phi Lein