雨が降る -さくらだより-
梅雨でしょうかね。
えっ。まだ梅雨じゃないんですか。
雨が続きますねぇ。

束の間の晴れた日に、いろいろな用事を一度に済まそうとするので
どうもスーパー高速回転ぎみの、さくらでございます。
体感速度的には、回っているけど進んでいないというか ←駄目です


東京都写真美術館にて「プレス・カメラマン・ストーリー」展が開催中です。日本のジャーナリズムを支えた、花形プレスカメラマン達の仕事が紹介された写真展で、銀遊堂では写真家 船山克、大束元のニュープリントを担当しております。
どうぞご高覧下さい。

■「Press Photographers' Story」
■会期:2009年5月16日(土)〜 2009年7月5日(日)

東京都写真美術館
プレス・カメラマン・ストーリー

 
 
 
 
五月の末でしたか、雨の日に、窓の外でぴよぴよぴよぴよと
午後ずっと鳥の声がしていました。夕方になっても鳴き止まず
何か変だなと思い、一階の和室東側の窓を開けてみると
縁の下でまだ羽根のはえ揃っていない雛鳥が雨宿りをしていました。

目が合うと、したたたたーっと庭の方へ走って行き
またひよひよひよひよと鳴いているのでした。
よく見ると電線に、親鳥らしい鳥がとまってこちらを見ています。

どうやら、雨で足を滑らせて巣から落ちてしまったようです。
まだ飛ぶことが上手に出来ずに、ただ鳴いているのでした。


鳥の子は、人間が触ることはできません。
一度ヒトのにおいがついてしまった子どもは
親鳥がもう、育てようとしないからです。
ただ助けてあげようとすることが、かえってこの子にとって
命取りになってしまうので、ただ見守るしかないのです。

翌日も、雨の中をぴよぴよと鳴いていました。
その日は前日よりも雨が収まっていて、親鳥が庭まで降りてきて
一緒に飛ぶ練習をしていました。

三日目には、少し遠くで声が聴こえていました。
そして四日目には静かになりました。


六月に入り、久しぶりの晴れ間がのぞきました。
あのこは無事に、飛ぶことを覚えたでしょうか。

 

2009年 6月 3日


Facebook




このサイトにおける全ての文章、及び写真等の著作権は銀遊堂に帰属します。
copyright(c)2009 GINYUDO all rights reserved.
designed by Tamami
Phi Lein