父の死
6月20日、父が死去した。
89年の生涯だった。


幼い私にフジペットというカメラを買い与えてくれた。
その後も二度にわたって、分不相応の良いカメラを与えてくれた。
私は写真に夢中になり、後にそれを仕事にするようになった。

父は昆虫が好きだった。
それも蝶などといった華やかなものではなく、
ミツバチやアシナガバチのような社会生活をしない、コバチという
「ひとり暮らし」のハチが興味の対象だった。
務めを退職し時間が出来ると、観察記録を一つの論文にまとめた。
ワープロはついにマスターできなかったけれど、
丁寧に手書きされたファイルが一冊残された。

父の遺品を整理してみると、意外にあっさりしたものだった。
そういえば物にこだわらない人だった、と思い当たる。
それにある時期、どうやらこの日のために身辺を整理した形跡がある。
それは自分の痕跡を整理しようとしたようにも思えるのだが、
理由はわからない。

清潔な人生だった。
私はとてもかなわないと思いながら、冥福を祈る。

合掌

2011年 7月 14日


Facebook




このサイトにおける全ての文章、及び写真等の著作権は銀遊堂に帰属します。
copyright(c)2009 GINYUDO all rights reserved.
designed by Tamami
Phi Lein